ホーム » ボーイズラブ BL R18 » 淫襲の生贄 BL漫画購入レビュー

淫襲の生贄 BL漫画購入レビュー

淫襲の生贄

淫襲の生贄

購入レビュー

今回ご紹介するのは、ある青年が虎神様に気に入られて番になるためアナルを拡張されるというお話です。

主人公の凛久は、ソロキャンプをするのが趣味でした。
ある日、新しく買った焚き火台を誰かに見せたくて動画を撮り動画投稿サイトに投稿したところたくさんの人に再生されました。
一人気楽にソロキャンプを楽しむつもりが、いつの間にか再生回数ばかり気にかけるようになってしまった凛久。
その日も静かで癒やされる良い動画が撮れそうな場所を探していました。
天気予報では快晴だったはずが、辺りに霧が立ち込めてきます。
歩いているうちに神社にたどり着いた凛久は、お参りをして「どうか癒やされる場所が見つかりますように」とお祈りしました。
その後、凛久は川を見つけて、その中洲で撮影をすることに決めます。
中洲にテントを張り、焚き火台で火を焚いて撮影を始めると、突然雨が振り始めました。
雨はすぐに豪雨となり、川は増水して焚き火台とテントを流してしまいます。
飛び石が水に沈んでしまい岸に戻れなくなった凛久は、スマホで助けを呼ぼうとしますが、手がすべってスマホを川に落としてしまいます。
絶望的な状況の中、凛久の目の前に突然大きな虎が現れます。
虎は凛久の方を見つめて「背に乗れ」と語りかけてきます。
その後意識を失った凛久が目を覚ますと、蔵のような建物の中で全裸で手足を拘束され猿ぐつわを噛まされ、尻に何か入れられていました。
そこへ狐の面を被った二人の男が現れて言います。
「その者潔斎もなく虎神様の社に立ち入りましたね」
「潔斎なく立ち入った者は虎神様の怒りに触れて7日以内に死ぬ」
「だが虎神様にその身を差し出し気に入られれば番として生きながらえることができる」
男の一人が凛久のアナルに入っていたディルドを引き抜きました。
「この梁型があなたの穴の大きさです。これではとても虎神様を受け入れられません。7日以内にこちらを飲み込めるよう努力してください」
そう言って、彼は巨大なディルドを凛久に見せました。
そうして、凛久の体を虎神様を受け入れられる体へと変える調教が始まりました。
まずはアナルにお湯を注入してポンプのような器具を使って洗浄します。
その後、前立腺とペニスを刺激されてイクことを覚えさせられます。
それから毎日、凛久はアナルを洗浄され器具を使って拡張され、イかされ続けました。
そして次々と太くなる梁型を受け入れさせられました。
乳首も大きくなるようにとクリップを付けられました。
「虎神様の精をその身に受けるまで決して自らの精を先に漏らしてはなりません。漏らさぬ自信がないのならこれで戒めておきなさい」
狐面の男はそう言って、凛久にコックリングを渡しました。
そして一週間が経ち、いよいよ凛久は虎神様と対面します。
虎神様は川で助けてもらった時と同じ大きな虎の姿でした。
凛久は着物を脱ぎながら言います。
「ここに虎神様の賜物をお納めいただけるよう十分に拡げております。ご…ご覧ください」
凛久は自分の両手で尻の割れ目を拡げて見せます。
すると中に入れてあったディルドがゆっくりと出てきます。
「…ど…どうか俺に虎神様の精をお与えください」
すると虎神様は人間の姿に変わりました。
「俺が助けなければお前の命は7日前にすでに尽きていた。そう思って俺の番になれ」
そして凛久は虎神様の巨大なペニスをアナルに受け入れます。
「くっああッ、あっあっあっ、そんなっ、梁型より大きいっ、ああッ、はひっ」
「くっ、もっと力を抜け。壊してしまうのは惜しい」
「あーっ、ああああッ、ひっ、ひいっ、はっああっ、ああっ、ああんっ」
「抱き心地の良い体だ」
「ひあっ、ああああっ」
虎神様は凛久の乳首を両手でいじりながら腰を動かします。
「名はなんという」
「り…凛久っ」
「凛久か…凛久の中は心地が良いな」
「あひぃっ、ああっ、だめっ、そんなに擦られたらっ、ああああッ、はあんッッ」
7日間調教された凛久の体は虎神様のペニスで擦られるあまりの気持ちよさに、とにかく早く中に精をぶちまけてもらいたくて、恐ろしいほどの快楽に支配されていました。
喘ぎ続ける凛久の体を、虎神様は激しく揺さぶり続けました。

まとめ

アナルの拡張や洗浄シーンでいろいろな器具が出てきて面白かったです。
冒頭ページがフルカラーで楽しめました。
虎神様は主人公が神社にお参りしたときにお願いしたことを叶えてくれようとしていたことがわかって、いい神様でもあるんだなと思いました。

ご購入はこちらから

DLsite

サンプル

淫襲の生贄
淫襲の生贄
淫襲の生贄
淫襲の生贄

おすすめ作品