ホーム » ボーイズラブ BL R18 » 映画を見ているような感動の体験 BLゲーム ” ウウウルトラC” まとめ

映画を見ているような感動の体験 BLゲーム ” ウウウルトラC” まとめ

演出や文章、大量のスチルのおかげで映画を見ている感覚のR18 ゲーム

あらすじ

昭和45年3月。

東京は祖師谷に住む正太郎は恋人・狐塚君と二人暮らし。世間では人の怪獣化が感染症として認知され、受け入れを促す一方で不穏な空気が漂っていた。

正太郎は正義に憧れるその一人。

しかし、怪獣の血を浴びたことにより日常は一変する。

怪獣、ヒーロー、巨大ロボット、3人の主人公たち。

昭和の遺物を巡るアバンギャルドな特撮ドラマ。

2020年 9月18日(金) DL版 9月19日(土)要素昭和アバンギャルドな怪獣ドラマジャンル昭和×ヒーロー×大怪獣 R18BLGレーティング成人向け(残酷描写、性的描写が含まれます)攻略人数3人(CP3組)
※固定カップリング
※主人公同士の恋愛はありません企画・制作

登場人物

狐塚明
狐塚
蝶番史郎
史郎
一色鈴
一色
鞘師十郎
十郎
雲雀野夜美
夜美

人物相関図

相関図

おすすめレビュー

ADELTAさんの作品はこちらで初めて触れさせていただきましたがとても素晴らしかったです…!!
元々夜美くんがとてもタイプで気になっていたのですが予想以上に3話目がすごいです(語彙)
夜美くんがあの見た目でスーパー攻め様地球外生命体あんなに可愛い子が地球人な訳ないのも凄いですが
十郎さんのニチアサ1号ポジっぽさと夜美くんへの
好き好きヤンデレコールも凄いです。
十郎さん役の神崎さんと夜美くん役の美藤さんの
演技もいいですね 特に美藤さんのお声は落ち着きます ボイス保存機能を…どうか…
ギャラリーやシーン回想も無いようなのでこまめにセーブはしておいた方が良いと思います。
私はセーブデータのサムネがほぼ全て夜美くんで
埋まりました。
3話目はちゃんとハッピーエンドのようですが正直しんどいのでウルトラミューテッドリピートします。

演出や文章、大量のスチルのおかげで映画を見ている感覚ですごい体験ができました。お話は難しく、考えるより感じろゲーです。少しずつ事実が明かされていきます。一本道なので集中してラストまでプレイできるのも嬉しい。分岐してたくさんの結末を見れるゲームも好きですが、一つの結末を迎えてしまうと一旦思考が現実に戻ってきてしまうので、没入感があり世界観にどっぷり浸かれるの一本道ゲーはで私には合っているようです。
第一話のカップルが好みど真ん中でした。地雷もおそらくほとんどの方がないと思います。恋人同士なのでノーマルなラブラブえっちもそれなりにしていますので満足度高めです。初見では苦手な受けかもと思っていましたが、最終的に「正ちゃんしか勝たん」になり、第三話ラストまで正ちゃんに夢中でした。絶対浮気しないってわかってるけど小林×正も見たかったかも。酔った正ちゃんの破壊力よ。恋人の明は見た目も中身も何もかもイケメンだし他の人にはお仕事以外で冷たいのも好き。正ちゃんの前だけワンコ。
第二話は攻めが過去受けだったエピソード有り(相手と致してるスチルはなし。事実が淡々と本人から語られるだけ。お相手の1人はサブキャラクター。)、受けの女体化、少しの間だけどスチルありえっちシーンで人間×人外(でかい虫)になる。鈴はド派手な外見なのに健気でとても好きです。史郎はツンツンツンツンデレ。もうちょっとデレてもいい。
第三話は話の規模がでかい。R18BLG表記はこのカップルのためにある。普通のえっちシーンはない。超痛そう。後日談がここのカップルだけない(収録はされたそうだけどハッピーエンドっぽくなくてカットされたよう)のが残念。
秘密がどんどん明かされていくのが楽しかったです。プレイされた方は公式サイトの方で後日談も読めます。

詳細はこちらから

ウウウルトラC